XYZprinting DaVinci1.0のキャリブレーション

ダヴィンチ1.0を長年使用しているが、この機種の一番の難点は
そう、キャリブレーションである。
Z軸のテーブルが動く機種であるため、テーブルの水平を保たないといけないのだが・・・
何故か3点式のねじ回しである。普通4点式ね。
そして、テーブルとネジの間にバネがあるため、正確なキャリブレーション値が取れない(毎回数値が変わる)という不始末。
設計ミスではないのだろうか・・・・

ちなみに・・・ばねを超硬質のものに変えると、キャリブレーション値が安定します。
保証対象外になるので元に戻しました(急いでる時はこれに変更)

最新のはある程度自動化されてるとの事で、知り合いが持ってるので見に行ったが・・・・
\悪化してるじゃん!!!/
ってのが感想です。

色々と手を加えて、やっと使えるようになる機械で、エントリーの人にはかなり不親切な構造だなと、感じたこの頃でした。

メモメモ

【ダヴィンチ】オートキャリブレーション封印

ダヴィンチのオートキャリブレーションを使わず、手動でベッドのレベリングをした方が綺麗に印刷できるらしい
方法がちょっと強引①ノズルをキレイにする。
ノズルクリーニングモードでハナタレが治まるまで放置してた方が良いかも。

②適当なモノを印刷開始する。

③ノズルがベッドの上に移動したら、すぐに主電源を切る。
主電源を切ると、その位置でノズルが停止します。
中断やキャンセルだとノズルが原点に戻ってしまうので、電源を切るしかない。

④電源を切ってるのでモーターがフリーになってるので、ノズルをベッドの四隅に移動させる。
※ノズルとベッドの温度が冷めてから作業しましよう!

⑤ノズルとベッドの隙間に名刺を挿し込んで高さを調整する。
3・4回繰り返して四隅の隙間が均等になるまで調整する。

⑥調整が終わったら、電源を入れる。
すると、イニシャライズしてノズルが原点復帰する。

以上、手動でレベリングする方法を簡単に纏めてみました。
正直、稼働中にいきなり電源を切るのは嫌だな~w

とりあえず、手順通りやってみた。
DSC_0225_20141206093010f7e.jpg
↑おお、結構イイ感じに均等にノズル高さが出てるっぽいな~
反りがほとんど出て無い。

DSC_0224_20141206093008ae3.jpg
↑こっちはオートキャリブレーションで作った方。
左上の丸印の所の反りが酷いです・・・

とりあえず、上手く行ったみたいで本当に良かったです。

製作や物の管理

機材の修理を出しました。
戻ってくるのはいつの日になる事やら…心配です。
その間に物品の棚卸作業、別の機械での製作をしています。

知り合いより聞いた話ではありますが、倉庫作業での物品の直し方や、
注文について…
私もピッキング作業のお仕事をしたことがありますが、どこの倉庫でも、
リストの番号の通りにあります。
当時の上司に聞くと
「これが守れていない管理倉庫は潰れる運命にある。」との事でした。

知り合いの居る倉庫ですが、それが全く守られていなく、無い物が多いという劣悪な条件でしているとの事…、大変です。
幸いにも、当スタジオの物品は…ラック1つのみという少なさなので、
すぐに取り出せて、管理も簡単です。良かった。

兎にも角にも、物の整理はとても大事ですね。

思う事ありて

私は、これまで色々なお仕事、人との接しをしてきました。
ちょっと思う事あって、ここに記してみようと思います。

まず、最初から人をちゃかす態度で当たってくる人。
こういう人は、私はまともな対応をしません。
どんな仕事であってもです。
そして、正確な情報を与えません。変な方向に使われたらたまったものではない。

最初から高圧な態度で居る人。 信頼できます。
自分に自信をもって、行ってる発言が相手に対してどうなるかを知って言ってきているからです。
そう、相手がどうしたら病むかを自然と知っている人でもあります。
なので、それらを踏まえておっしゃっているのだとありがたく受けています。 が、あまりに高圧な人は、パワハ(ry

別のお仕事がかなりお硬く、情報漏れが厳しいため、こういった感じの対応を取らざるを得ない事があります。

ですが!!
普段の私は結構ゆるいですw

と、雑記でした~。